狐草子

世界が面白くてよかった。大丈夫まだ書ける。

最後の出勤

 

 

長いことやっていたバイトをひとつやめた。その日は生憎の雨だった。少し遠いこの街まで時間をかけて通勤する、その時間すら苦にならないくらい働いていて楽しかった。終わりというのは往々にして後からその実感が追いつくものだけれど、長く勤めた割に感慨がきちんとあった。通い慣れたこの街も、仕事がなくなったらたぶん来なくなる。いつも目の前を通るラーメン屋さんも、大型書店も、出勤までの時間潰しに使っていたカフェも。桜並木が有名ないつもの通りには、風物詩の赤い提灯が遠くまで揺れていた。帰り道、お世話になっていたパン屋さんでいつもより多くパンを買う。


働き始めてから終わるまでずっとお世話になったのは大好きな、尊敬できる上司だった。採用面接から意気投合した。後日電話にて合否連絡がセオリーなのに、面接の終盤で「いやもう採用するわ」と言いながら必要書類の空欄に「これ、おススメの本。きっと好きだと思う」とボールペンで書き込むような人だった。学問の話を楽しめる人だったし、ミスをすれば、次どうすれば良いか考えなさいと、叱るより的確に育ててくれる人だった。部下のことをとてもよく見ていた。パトレイバーに出てくる後藤隊長みたいに理想の上司だった。


学ぶことが大好きな私達は、世界の面白い部分を見つけてはいつも共有していた。『中動態の世界』っていうヤバイ本が出たとか、シオランの『生誕の災厄』は半端ないとか、映画「レッドオクトーバーを追え!」は痺れるとか、向田邦子の余白の使い方はえげつないとか。パトレイバーだってこの人に教えてもらって、私の最も好きな映画になった。

 

最後の日、出勤すると「プレゼント」と差し出される紙袋。私が欲しかった本が3000円相当。欲しいなんて誰にも言っていない。この人は、「私が欲しいと思っているけれどまだ買っていない本」という、その絶妙なラインを見事に当てたのだ。


職場の人たちにはゴディバのクッキーを用意していたが、その上司には別の贈り物を用意していた。「最後の賄賂です」とか言ってヘラヘラ差し出す。私が用意していたものも本だった。こういうところやっぱ被るよね、と可笑しそうに言いながら紙袋から2冊取り出してパラパラ見て「これやばいやつじゃん」と相好を崩していた。最後のページにしのばせた小さな手紙は、ひとまずバレなかった。


こんなに良い上司はいないと本気で思っている。機嫌が悪い時もあるし、たまに手を抜いていることもあったけれど、それぐらいがちょうどいい。人間味があって助かる。だってそれすら無かったら、超えられる気がしないもの。
組織よりも現場。売り上げよりも満足度。それでいてきちんと結果を出すから、よく表彰されていたし、大きな仕事もたくさん任されていた。


連絡先はもちろん知っているけれど、忙しい人だからきっともう会うこともない。それでいい。たまに、この本がやばかったとか、この映画が凄かったとか、そういうことを報告し合う。ざっつおーる。必要十分。本当に、最後の最後。彼は笑って、「また何か面白いことがあったら連絡しますね」と言った。まだ見ていないはずの手紙、その最後に私が書いたのと全く同じ言葉だった。

 

 

忘れたくないもの

 

 

家の目の前のヤマダ電機が潰れた。閉店してからずっと、からっぽのまま駅前の空間に放置され、2年経って漸く解体された。大きな音を立てて徐々に崩されていく。2ヶ月ほどかけて、大型家電量販店のあった場所は白いコンクリートを敷かれた更地になった。

その敷地のど真ん中に立ってみたかった。そこにはずっとヤマダ電機があって、そのまえはホームセンターがあって、だからもう10年以上、その場所に立つことはできなかった。でも、今ならできる。解体が終わって2、3日の間、道路とその敷地を隔てるものは小さな溝とひざ下までの衝立だけで、人目を盗めばいくらでも入れる状態だった。中心に立って、駅を、自分の家を、運河を、眺めてみたかった。「懐かしい」と思えるかどうか確かめてみたかった。

ここに引っ越してきたばかりのころ、そこにはヤマダ電機ではなくて公園があった。木製のブランコがあったことを覚えている。ちょっとした花畑があった記憶もあるが、ぼんやりとしていて確かではない。補助輪付きの自転車に、お気に入りの黄色いワンピースを着て乗っていたらスカートがタイヤに巻き込まれ、以降自転車に乗る時はスカートをはいてはいけないというルールができてしまったのもこの場所だった。

帰り道に更地の前を通るたび、誰もいないタイミングを見計らって侵入しようかと何度考えたかわからない。どこから入るのが一番安全か考えながらまわりをのろのろ歩いた。不法侵入の4文字がちらついて、ドキドキした。かつて大型家電量販店とその駐車場が存在したほどの大きさを持つ敷地の外を1周、2周して、やっぱり勇気がなくてやめた。明日にしようと思って家に帰った翌日、敷地を囲うように身長を優に超える高さの柵が隙間なく張り巡らされていた。

建物が取り壊されてから、家から電車が見えるようになった。発車ベルやホームのアナウンスも、風に乗ってよく聞こえてくるようになった。雨が降った後、白いコンクリートにできた水たまりには、東京にしては広い空が綺麗に映る。小さな駅とはいえ、駅前好立地のこの場所がこのまま放っておかれるはずがないだろう。きっとまたすぐに、次の建物(商業施設か、マンションか)が建てられてしまう。それまでの少しの間、できるだけたくさん雨が降ればいいのにと思う。

 

 

 

 

 帰ったらブログを書こうと考えながら自転車を漕いでいた時、書きたいことがたくさんあったはずなのに一つしか書けなかった。他は全て忘れました。忘れたくなかったはずなんだけどなあ。

研究計画 中世説話文学における狐

  

研究テーマについて

説話文学に「狐」はどのような役割をもって現れるのか。人を化かすだけではなく、人の役に立つようなことをする狐もあり、また、化かすにしても、人に報いるため、私利私欲のため、いたずらのためと、その動機は様々である。中世の説話文学における狐の描かれ方から、当時の人たちにとって狐はどのような存在だったのかを探っていく。

 

狐が文学に出てくる場合、以下の3つに大別することができるとされている

 

①害獣 型
人間に害をなす狐。度を過ぎたいたずらや悪さをしでかす

 

②異類通婚 型
美女に化け、男と結婚する。男に化ける狐があっても良さそうだが、狐は決まって美しい女に化ける。男と結婚した後は、人間より容姿も性格も優れた良妻として幸せに暮らすタイプもあれば、男の生気を吸い取って天狐になるための糧としたり、金を盗んだりバッドエンドへとむかうタイプもある。

 

③報恩型
恩返しタイプ。ごん、お前だったのか……

 

体感としておおよそ正しいように思うが、例外*1をいくつか知っているので、これらに対して新しい視点を見つけることができないか、中世説話文学に限って調べていく。

 

 

 

 

 調査方法

中世における説話文学を通読し、狐が登場するものを集めて整理する。まずは日本霊異記今昔物語集。狐は漢籍にも頻出であるから、中国文学との翻訳・翻案関係にも触れる必要があるだろう。例:聊斎志異

中国における狐、近世文学における狐との比較もできたら良い。伝承における狐の種類など、民俗学も絡めながら深く調査していく必要がある。

また、安倍晴明と狐、平清盛と狐、というふうに狭く絞った上でも研究可能な題材であるため、調べていく中で特に興味の惹かれるもの、学術的な意義を見出せそうなものがあれば随時方向性を変更していく。

 

 

 

研究の動機

 狐が大好き!!!!

 

 

 

 

*1:美女に化けた狐が良家のお嬢様と仲良くなってゆるい百合に展開していく話が、『聊斎志異』の中にある

「慈円会」はじめます

 

 

自分が最近勉強していて面白いと思ったこと(知識だけでもいいし、途中まででもいい)をおしゃべりする会をやるぞ!!

 

やります。

 

主に僕が話して、他の人でも話したい人は話そう。好きで好きでたまらないというわけではなくても話せるのがポイント。あと資料準備とかいらない。話すだけ。多くても7人くらいの規模で。

 

 

要するに、最近知ったおもしろいこと、勉強したことをゆるく話そうねっていう会です。最近読んだ本の話でもなんでも。

円く座って知を慈しむ会、名づけて慈円会!!(嘘です。慈円が好きなだけです)

慈円 - Wikipedia

 

 

5月7日(日)にやってみます。できそうだったら、2ヶ月に1回くらいのペースで継続してやっていこうかなと思っています。

 

参加希望者を募集します。

参加してくれる人は僕まで直接連絡ください。場所は未定です。

 あっという間に7人集まったので募集を締め切ります!ありがとうございました!

 

 

どんな感じになるんかな〜
希望者だけでその前後に街歩きor博物館に行っても楽しそうですね(完全に思いつきでしゃべってる)

 

開催しながら形を整えていこうと思います。よろしく!

筆屋『香雪軒』が素晴らしかった話

 

京都に来たばかりの時は毎日、その日に巡った歴史的スポットをまとめていこうと思っていたのですが、その膨大な情報量にあっさりと負けました。

毎日まとめてたら睡眠時間がなくなっちゃうんです……。

 

というわけですっかりご無沙汰でしたが、京都滞在残り6日にして素敵な出来事があったので書きます。

 

 

突然ですが、西芳寺というお寺をご存知でしょうか?

世界遺産(世界文化遺産) 西芳寺(苔寺)/京都府ホームページ

 

世界遺産に登録されている古刹で、聖徳太子の別荘だったところを、奈良時代の僧、行基がお寺にしたと伝えられています。一時荒廃しますが、夢窓国師が禅寺として復興しました。(夢窓国師は、同じく世界遺産天龍寺の、素晴らしい庭園を作庭した人です。天龍寺も本当に素晴らしいんですよ……)

 

西芳寺といえば苔!!苔寺って呼ばれるくらいですからね。
(バスの行き先も、西芳寺行きではなく苔寺行き)
このお寺の苔は写真で見ても美しいんです。素人目にもわかります。
どれくらい美しいかというと、西芳寺の苔はなぜ美しいのかを苔業者が分析し始めるくらいです↓

www.kokeya.com

 

世界遺産西芳寺、メッチャきになる!行きたい!
ということで拝観についていろいろしらべてみたところ

f:id:wreck1214:20170404225722p:plain

西芳寺(苔寺)|観光情報検索|京都“府”観光ガイド ~京都府観光連盟公式サイト~

 

往復ハガキで1週間前までに申し込む必要が!
しかも庭園を見ることがメインではなく!宗教行事がメイン!!
3000円!!!!

 

普通のお寺はふらっと行って拝観受付で300-600円くらい払えばOKなのでこれは驚きです。他の世界遺産寺院でもここまではなかなかないぞ。

 

同時にめっちゃ期待が高まる。
ここに訪れるために、1週間前までに往復ハガキを出し、3000円を払い、写経(通常40分くらいかかる)をしようと思う人しか来ないわけです。絶対混んでないし、拝観しに来る人も洗練されているはずだ!!!説法してくださったりするのだろうか!まさかの僧とマンツーマン説法!?

 

というわけでハガキ出しました。今朝返ってきました。

f:id:wreck1214:20170404230047p:plain

 

おおお!これが拝観券になるわけです。

 

っていうか明日じゃないか!

 

ん?

f:id:wreck1214:20170404230431p:plain

 

 

写経用の細筆。

ない。

 

いつも写経をする時は筆ペンで済ませてしまっているので、細筆など持っていない。
書道経験者でもないので、細筆など持っていない。

 

今日の行き先(比叡山延暦寺)へとすでに出発した後。参拝は明日だから Amazonにも頼れない。
うーんどうしようと思いつつ、近くに筆屋さんがないか検索しました。

 

近くになくても、どっかにはあるだろ!京都だし!!!

 

www.kousetsuken.com

 

 

メッチャ近くにあった
というわけで寄りました。香雪軒。

 

f:id:wreck1214:20170404232010p:plain

 

軒先に大きな筆がぶら下がっているのが目印です。

6畳ほどの店内にたくさんの筆が並べられていて、素敵な空間。
ご夫婦が「いらっしゃいませ」と迎えてくれました。

 

入店するとすぐ「どの筆も試し書きできますからね」と、奥様が優しく仰ってくださいました。そうかー、筆って試し書きとかできるんだなあ。

 

「写経用の筆を探してるんですけれど、筆のこと全然わからなくて……」
というと、筆を3本出してくれました。写経用の小、中、あとは普通の細筆。

 

「写経用じゃないのは、普通に手紙を書く時とかにも使えますよ〜」と奥さん。
えええ、普通に手紙を書くというシチュエーションがなかなかないし、あったとしても筆では書かないよ……と思いつつ、筆で手紙を書いてみたくなったので普通の細筆を選びました。試し書きもいい感じだったし。

 

f:id:wreck1214:20170404233839p:plain

018蓮月を購入しました。

筆ってこうやって並べるととってもスタイリッシュ。かっこいい。

香雪軒の筆

 

 

包装のために奥様が店の奥に入ると、旦那様が話しかけてくれました。


「あそこにかざってあるのはねえ、谷崎潤一郎の手紙なんですよ」

!?

 

「あと、あっちに飾ってある『香雪軒』は武者小路実篤が書いたんです」

 

!?!?!?!?!

 

なんですと!!!!!


ここからその写真がみられます→ 香雪軒のあゆみ

 

どうやら谷崎の手紙のほうも直筆らしい。ええええええ
近くにあったからという理由で入った筆屋さんでこんな素晴らしいものに出会うとは!京都やっぱりやばい!!

 

聞けば、谷崎はここ香雪軒の筆を買いによく訪れたらしい。
「彼は原稿を毛筆で書いていたからね」と旦那様。

直筆に感動する僕をみて嬉しかったのか、そこからいろんな話をしてくださいました。

僕「ちょっと急に直筆とか、何も知らないで寄ったからびっくりしちゃいました。こんなに素晴らしいお店だったとは……」

旦那様「若い人に谷崎とか言ってもわからん人が多いからなあ」

僕「いやほんと、武者小路実篤とかもっとわからない人多いですよね」

旦那様「そうなんだよ〜〜〜〜」

 

日本文学を専攻している話や、古典文学の聖地&鳥居をめぐるために京都に2ヶ月弱滞在している話をするととても喜んでくださって、周辺の歴史的なものについてたくさん教えてくれました。

 

「このあたりは、ここでこの句を読んだとか、誰かがここで死んだとか、そういうエピソードの宝庫なんですよ」

「(死んだ!?) へえ〜そうなんですね!鷗外の『高瀬舟』の高瀬川はここだなあくらいしかわかりませんでした」

 

時には新聞の切り抜きを取り出してきて教えてくれるなど、本当に親切に周辺のことについて教えてくださいました。

「すぐ近くに、角倉了以のお庭があるんですよ。料亭の中だけど、言えばお庭だけ見せてもらうこともできるんじゃなかったかしら。高瀬川の源流です。」

 

角倉了以〜〜〜!日本史の教科書で知ってる名前〜〜〜!

 

それにしても、庭園好きとしては聞き捨てならない情報だ。
他にもたくさん情報を教えてくれた二人にお礼を言って、早速その庭園に向かいます。

 

料亭の中と言っていたし、無料で見せてくれるくらいなら小さい庭園なのかなーと思いながら向かうと

 

 

f:id:wreck1214:20170405010245j:plain

えっ、とても広い。

 

水が滝のように流れている場所があったり、茶室があったり、それはそれは素晴らしい庭園でした。

高瀬川二条苑 - Wikipedia

 

外から見たら料亭なので、庭園のことを知らなければ、なかなか寄ろうとは思わない場所です。

一応店先に庭園を見るだけでも入れる旨は書いてありましたが、普通は気づかないだろうなあ。メニューかと思った。

本当に素敵な場所を教えていただきました。

 

 

ちなみに旦那様のお話の中にあった「このあたりは、ここでこの句を読んだとか、誰かがここで死んだとか、そういうエピソードの宝庫なんですよ」についてですが

 

 

本当に周辺で死んでた。

しかも佐久間象山!!!有名人じゃないですか!!!

 

 

香雪軒のお二人とたくさん話をして、ちょっと調べただけでは出会えないようなスポットに出会うことができました。

谷崎潤一郎武者小路実篤の直筆に出会えたのは本当に感動した……。

筆を買っただけなのに、筆以上のものをいただきました。最高だ。

 

もう全てに感謝したい。

拝観のためには写経をする必要がある西芳寺に、写経には細筆の持参が必須な西芳寺に、このタイミングで返信ハガキを送ってきた西芳寺に、感謝!

 

 

明日の西芳寺拝観がますます楽しみになりました。香雪軒の筆を携えてゆきます。

 

 

思わぬ出会いに感激した僕は、幸せな気分のまま本来の目的地であった比叡山延暦寺へとむかいましたとさ。めでたしめでたし。

 

つながった知識たち

今回京都にきてつながった知識と知識をまとめておきます。

 

 

待賢門院堀河でつながる法金剛院と百人一首

法金剛院
京都府花園にある律宗のお寺。平安初期、右大臣清原夏野の山荘を寺にした。1130年、待賢門院の御願いによって建立。円覚によって再興。重要文化財多数。

 

律宗 中国でおこった仏教の一宗。戒律の研究と実践を重んじる。南都六宗のひとつ。754年、鑑真が来日し、唐招提寺を創建して本格的に確立した。平安時代には密教の流行で振るわず、鎌倉時代に俊芿、叡尊らが復興に努めた。(日本史大辞典 抜粋)

円覚 壬生寺に住して頑張った。大衆教化の方便として念仏に猿楽を導入したのがのちに壬生狂言となり、現在も行われている。

 

百人一首
80番歌「長からむ心も知らず黒髪の乱れて今朝はものをこそ思へ」は待賢門院堀河の作。

 

「長からむ〜」の人が仕えていた待賢門院がお願いして建てられたお寺が法金剛院なのか!!!へえ!となりました。

 

待賢門院堀河
平安末期の歌人女房三十六歌仙の一人。先斎院六条とも呼ばれた。歌人源顕仲の女で、しまいに大夫典侍などの歌人がいる。白河院皇女令子内親王に出仕したのち、待賢門院に仕え、1142年女院の出家に従い出家。女院没後まもなく、私家集『待賢門院堀河集』を自撰した。勅撰集への入集も多く、金葉和歌集に6首、詞花和歌集に58首が納められる。西行とも交流を持ち崇徳院の歌壇に加わって「久安百首」にも選ばれた。(日本歴史大辞典)

 

 

 

西園寺実兼でつながる南禅寺三門と中世女流日記『とはずがたり

南禅寺三門に行ってきました。

 

これもまた後日更新します。

二条城に行かなかった話と京都の交通事情について

 

2月28日 滞在4日目

 

 

f:id:wreck1214:20170228183132p:plain

 

二条城に行きませんでした。

目の前まで行ったし、周りを一周したんですけれどね。

 

平日だからと油断していた。14:00頃の二条城、多くの観光客……。
平日でこれなら休日はどうなっちゃうの。

 

f:id:wreck1214:20170228183226p:plain



ということで、入り口まで行ったけれど入るのはやめました。
拝観は8:45から受け付けているから、早い時間に出直します。

さて、代わりにどこに行こうかと思案しつつ、特にない。
この際だから(?)自転車を買ってしまおうと思い、買いに行きました。

 

自転車について

京都に来て思ったのが、自転車使ってる人がめちゃくちゃ多い。
三条で信号待ちしてたとき、自転車に乗ってないのは下校中の小学生くらいだった。

それくらい。

あと、どのお店にもだいたい駐輪場がついてる。小さくてもついてる。
住宅街にあるビルとか会社でも、1階は駐輪スペースになってたりする。

地図上でみたら「これくらいなら歩けるだろう」と思う距離でも
実際に歩いてみると結構遠かったりする。
街が整然としてるから、東京の地図に見慣れてると距離感を誤ってしまうんだなあ。

 

そして地下鉄の料金がちょいと高い。
どこへ行くにも往復だと500円くらいしてしまう。

その代わり市バスが発達しているんだけど、バスももどかしいことが多いですよね。

 

何はともあれ、自転車欲しい。

 

f:id:wreck1214:20170228205302p:plain

 

 

かった!超美品が税込8500円!!

1ヶ月後に売るかもって言ったら「1ヶ月なら2000円以上で買取りますよ。綺麗に乗ってはったらプラス1000円とかもします」と言っていただけたので買いました。

 

(レンタサイクルも考えたけど、1日1000円だし、店閉まるの早いし、住んでる場所の近くにない。)

 

店員さん「1ヶ月とはまた短いですね。観光ですか?」
僕「いや、お寺の研究とかですね〜」
店「はあ〜〜。歴女って言うんですかね、最近流行ってますもんなあ」
僕「いや、歴史はそんなにわからないです。鳥居がとても好きで……。」
店「????」
僕「歴史というよりかは禅宗とか神道の勉強をしにきました」
店「そうですか」

 

鳥居好きはやっぱり珍しいっぽいですね。
「いろんな人がいてはるんやなあ」と言われた。

 

竹内自転車店、素敵なお店でした。ありがとうございました。 

 

 

神泉寺

二条城のすぐ近くにあるお寺。真言宗らしい。

f:id:wreck1214:20170228185215p:plain

無料で入れました。寺の中に神社が二つもあって、それが結構な面積を占めているため、寺なのか神社なのかよくわからんようになってました。

 

池があるのはいいなあ〜〜〜
あと個人的ヒットポイントは、平安時代、池の上で和歌読んだり歌うたったりする時に使われていたのと同じような形の船があったこと。

先頭に龍の頭がついてるアレですね。いつかのってみたい。

 

 

壬生寺

新撰組の聖地として観光地化してました。絵馬もアニメ絵ばっかり。
近藤勇芹沢鴨の墓場があったよ。あとなぜか万葉歌人柿本人麻呂の灰塚がありました。

 

新撰組司馬遼太郎の『燃えよ剣』でしか知らないのでイマイチよくわからなかった。しかも読んだの中学生の時だからだいぶ忘れてしまっている。また読み返そうと思いました。(だいぶ面白かった記憶はある)

 

 

f:id:wreck1214:20170228192711p:plain

壬生寺千体仏塔

平成元年に、壬生寺創建1000年を記念して改築されたもので、
明治時代、京都の都市計画の際に市内各地から集められた石仏なんだとか。

 

全部で1,000体あるらしいですよ!!!すげーーー。

塔の形はミャンマービルマ)に数多く見られる、バコダを模しているらしいです。

へえ〜〜。

 

f:id:wreck1214:20170228201555p:plain

▲敷地内にあった一夜天神の明神鳥居がなんだかほっそりしていた

 

 

膏薬辻子(ごうやくのずし)

f:id:wreck1214:20170228185950p:plain

天慶元年(938)、空也が道場を設けて念仏修行をしていた場所なんだとか。

四条通りからぴゅっと入った瞬間こんな小道があったのでちょっとワクワクしました。

 

 

神田明神

その膏薬辻子の中にて神田明神を発見。京都にあるなんて思っていなかったのでびっくりして笑ってしまった。

f:id:wreck1214:20170228190256p:plain

 しかも建物のなかに鳥居がある。拝殿がある。

天慶3年(940)に、天慶の乱により戦死した平将門の首が京都の街で晒されて以後、全国で天変地異が相次ぎ、平将門の怨念の仕業とされたため、各地で平将門の霊を鎮めるために首塚が築かれた。京都でも、空也上人が、道場の一角に塚(現在の神田神宮)を建てて供養したことから、空也供養の道場と呼ばれた。そして、空也供養の発音が訛り、細い道を意味する辻子と合わせて膏薬辻子(ごうやくのずし)と呼ばれるようになったとされている。

(看板より引用)

 

 平将門首塚といったら大手町にあるアレが有名ですよね。Twitterでもちょっと有名になってました。

 

首塚も再開発の時になくそうとしたら、その工事に携わっていた人が次々に大怪我をしたという逸話もあります。本当かどうかは知らんけどね。

 

 

 

 

今日はこれでおしまい。
明日以降いきたい禅寺の事前調査に時間を回したいので、適当に締めます。